政治

首相、習主席国賓「極めて重視」 尖閣や香港で対応改善を促す

 会談を前に握手する安倍首相と中国の習近平国家主席=23日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京共同】安倍晋三首相は23日、中国の習近平国家主席と北京の人民大会堂で会談した。首相は来年春に予定される習氏の国賓来日を「極めて重視している」と表明。同時に、沖縄県・尖閣諸島周辺での中国船の領海侵入や香港情勢、ウイグル問題に対応改善を促した。中国当局に拘束されている日本人の早期帰国も要請した。両首脳は北朝鮮問題に関し、朝鮮半島の完全な非核化に向けた連携と、国連安全保障理事会決議の完全な履行が重要との認識で一致した。

 両首脳は習氏の国賓来日を有意義なものとする考えを確認した。習氏は香港やウイグル問題は「中国の内政問題だ」と反発した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス