スポーツ

ラグビー新リーグ設立へ合意 準備委、プロ化前提にせず

 日本ラグビー協会が設置したプロリーグ設立を検討する準備委員会の会合が23日、東京都内で開かれ、2021年秋にトップリーグ(TL)に代わる新リーグの設立を目指すことで合意した。プロ化は前提にせず、今後はTLのチーム関係者を入れた小委員会でリーグ形態などを議論する。会合後、岩渕健輔専務理事が明らかにした。

 清宮克幸副会長が当初発表したプロリーグ構想では、TLとは別に21年秋から新設させる方針だったが「プロ化ありき」の議論にTLのチーム側が反発。今回の委員会では「国内リーグは一つの大きな枠で進める」(岩渕専務理事)ことで一致し、TLを刷新する形を選択した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス