政治

日韓外相、元徴用工訴訟で平行線 茂木氏、国際法違反是正を要求

 茂木敏充外相(左)、韓国の康京和外相

 【成都共同】茂木敏充外相は24日午前、中国の四川省成都で韓国の康京和外相と会談した。日韓関係悪化の発端となった元徴用工訴訟問題を巡り国際法違反の状態を是正するよう要求。康氏は強く反論し平行線に終わった。外交当局間の意思疎通継続では一致した。午後に開催する安倍晋三首相と韓国の文在寅大統領との首脳会談に向け最終調整した。

 茂木、康両氏は、韓国に対する日本の輸出規制強化措置に関し、両国の局長級会合が今月開催されたことを歓迎。康氏は規制の早期撤回を改めて求めた。日本が半導体材料3品目に関する規制を一部見直したことは評価した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス