芸能・文化

米思想家ラム・ダス氏が死去 カウンターカルチャーの基盤築く

 インタビューを受けるラム・ダス氏=1998年10月、米カリフォルニア州(AP=共同)

 ラム・ダス氏(米思想家、作家)米メディアによると22日、米ハワイ州マウイ島の自宅で死去、88歳。ラム・ダス氏の財団は「安らかに亡くなった」としているが、死因は明らかにしていない。

 31年、米東部ボストン生まれ。米ハーバード大教授として心理学を教えていた60年代初頭、当時合法だった合成麻薬LSDを使用した研究で一躍有名に。既存の価値観に異を唱えるカウンターカルチャー(対抗文化)の思想的基盤を築いた。ヒッピーのバイブルとなった「ビー・ヒア・ナウ」などを著し、一時インドに渡った経験からヨガや瞑想の普及にも努めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス