政治

前総務次官「迷惑掛けた」と謝罪 情報漏えいで新次官に

 総務省で職員に訓示する黒田武一郎事務次官=24日午前

 総務省の黒田武一郎事務次官は24日、就任に伴う職員訓示で、日本郵政グループへの情報漏えいに絡み辞職した鈴木茂樹前次官から「自分の不祥事で心配と迷惑を掛け、総務省の業務遂行に支障を来した。誠に申し訳ない」と伝えられたことを明らかにした。

 鈴木氏から先週末に直接話を聞いた際の発言。「職員の皆さまにおわびを伝えてほしい」と託されたという。

 黒田氏は、総務省が監督や許認可権を持つ団体とは節度ある関係を築くよう求め「信頼回復への道は厳しいが、一致団結して難局を全力で乗り越えよう」と呼び掛けた。黒田氏は旧自治省出身。鈴木氏は旧郵政省出身。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス