スポーツ

五輪サッカー、帰国の冨安が抱負 「自分が引っ張る」

 休暇のため帰国したサッカーのイタリア1部リーグ、ボローニャの冨安健洋=24日、成田空港

 サッカーのイタリア1部リーグ、ボローニャの日本代表DF冨安健洋が24日、休暇のために成田空港に帰国した。原則23歳以下のチームで臨む東京五輪で、守備の要として期待される21歳の冨安は「金メダルを取るという目標を持っている。自分が引っ張っていくという気持ちでやっていきたい」と抱負を語った。

 今夏にシントトロイデン(ベルギー)からイタリアの古豪へ移籍。守備戦術へのこだわりが強いリーグで主にサイドバックとして経験を積んだ。「課題を日々感じながらやっている。1試合の重さを、ベルギーでやっていたときよりも感じる」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス