政治

日韓、徴用工の対話継続で一致 首相と文氏が会談、主張は平行線

 会談を前に握手を交わす韓国の文在寅大統領(左)と安倍首相=24日、中国・成都(共同)

 【成都共同】安倍晋三首相は24日、韓国の文在寅大統領と中国の四川省成都で会談した。両氏は元徴用工訴訟問題をはじめとする懸案の解決に向け、外交当局間の対話を継続する方針で一致した。元徴用工問題や、韓国への輸出規制強化措置を巡り、双方の主張は平行線をたどった。朝鮮半島情勢に関する緊密な意思疎通を進め、北朝鮮の非核化に関する米朝協議を後押しする方針は確認した。日韓首脳の正式会談は昨年9月以来で約1年3カ月ぶり。

 会談冒頭で首相は「安全保障問題で日韓、日米韓の連携は極めて重要だ。日韓関係を改善したい」と述べた。文氏も対話による問題解決に意欲を表明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス