スポーツ

大野将平、五輪2連覇へ決意 柔道男子が強化合宿

 強化合宿で調整する大野将平(左)=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 柔道日本男子は24日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を報道陣に公開し、2016年リオデジャネイロ五輪金メダルで73キロ級の大野将平は「来年の東京五輪で2連覇する。その誇りをもって闘いたい」と決意を語った。

 大野は今夏の世界選手権で3度目の頂点に立ち、五輪代表争いで大きくリード。だが「今年の勝った、負けたに意味はない。外国人選手は死に物狂いで五輪に来る。覚悟がないと闘えない」と話した。

 66キロ級の丸山城志郎は初の世界王者に輝いた一年を「変」と表現。「周りの見る目がいい意味で変わった。僕もいい方向に変化したい」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス