スポーツ

井岡、大みそかに「熱い試合を」 ボクシング、世界戦調印式

 ボクシング世界戦の調印式でポーズをとるWBOスーパーフライ級王者の井岡一翔(左)と挑戦者のジェイビエール・シントロン=25日、羽田空港

 ボクシングの世界戦(31日・大田区総合体育館)の調印式が25日、羽田空港で公開イベントとして行われ、日本男子初の世界4階級制覇を達成した世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(Reason大貴)は「熱い試合でことしを締めくくりたい」と語った。

 同級1位ジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)との顔合わせに「負けたことがない相手と闘えるのは楽しみ」という。ことし生まれた第1子の名前をトランクスに入れて臨むそうで「父になり初めての試合。勝った姿を見せたい」と意気込んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス