政治

福井1区に元県議擁立方針 3野党県連、次期衆院選

 立憲民主、国民民主、社民3党の福井県連は25日、会合を福井市で開き、次期衆院選福井1区に元県議で立民県連代表の野田富久氏(72)を3党の統一候補として擁立する方針を決めた。野田氏は立候補に意欲を示し、来月にも正式表明する。

 3党と連合福井は10月、福井1区に立民、2区に国民の候補者を立てる方針を確認した。今後、野田氏が立民の公認を受けるため県連が党本部に申請する。

 野田氏は会合出席後、記者団に「今月上旬に立民県連から出馬要請を受けた。皆さんの推挙を重く受け止めている」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス