社会

「活動継続、主人の願い」と寄稿 中村哲さん遺族、会報に手記

 中村哲さんの遺族が手記を寄せたペシャワール会の会報

 アフガニスタン東部で非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表として活動中に銃撃され、73歳で命を落とした中村哲さんの遺族が、25日発行の同会会報に手記を寄せた。妻尚子さん(66)は35年間の活動をたたえ、「現地の人々と共に活動が継続できることを願う。主人もそれを一番願っていると思う」とつづった。

 尚子さんは「いつも頭の片隅で案じていたことが現実となった」と書き出し、同会から死亡の連絡を受けたときは「重たい石が私の胸にずしーっと落ちていく感じで、返事をするのがやっとだった」と心情を明かした。

 会報は「号外」として約4万部発行。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス