芸能・文化

M―1優勝コンビを称賛 準優勝かまいたちの山内

 発表会に登場した(前列左から)「チョコレートプラネット」の長田庄平、松尾駿と「かまいたち」の山内健司、浜家隆一、(後列左から)「すゑひろがりず」の南條庄助、三島達矢ら=26日、東京都内

 吉本興業の劇場「ルミネtheよしもと」(東京都新宿区)で、新春キャンペーン発表会が開かれ、お笑いコンビ「かまいたち」(山内健司、浜家隆一)らが登場した。

 かまいたちは、先日の「M―1グランプリ2019」で準優勝。山内は「優勝したかったけど、『ミルクボーイ』がすごすぎて断トツの2位でした」と振り返り、「『おめでとうミルクボーイ』って見出しにしてください。好感度を上げたい」と報道陣に要求した。

 和服姿で能や狂言を取り入れた漫才をする「すゑひろがりず」(南條庄助、三島達矢)も、今年のM―1で活躍した。「チョコレートプラネット」の長田庄平が、狂言師和泉元弥の物まねをしていることから、チョコプラの松尾駿は「ライバルが出てきた」と警戒心をあらわにした。

 長田は「2組しかやらないからライバルだといわれる。もっと10組くらいまで増えていけば、コントや漫才のようなお笑いのジャンルになる」と大局的な見解を披露。「俺たちで普及活動をして、お笑い賞レース『キングオブ狂言』を作ろう」と力説した。

 イベントでは、オリジナル福袋の販売などが発表された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス