政治

石破氏は「国民に正面から語る」 首相との違い強調

 自民党の石破茂元幹事長は26日夜のインターネット番組で、安倍晋三首相と自身の違いを聞かれ「国民に向かって真剣に正面から語るかどうかだ」と述べた。中曽根、小泉両政権は長期政権にかかわらず「緩みやおごりはなかった」とし「首相のようにうまくかわすのも政治家の資質かもしれないが、私にはできない」と当てこすった。

 首相主催の「桜を見る会」を巡っては「税金で開催しているのだから、情報は可能な限り納税者に公開すべきだ」と指摘し、安倍内閣の説明は不十分だとの認識を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス