国際

金正恩氏、軍関係の視察が急増 過去最低の昨年から一転

 【北京共同】海外の無線放送などを分析しているラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮メディアが26日夜までに報じた今年の金正恩朝鮮労働党委員長の動静報道は計109件だった。このうち軍関係が30件(27・5%)を占め、昨年の8件(6%)から急増した。

 軍関係の割合は昨年、金氏が最高指導者として実質的活動を始めた2012年以降で過去最低だった。米朝交渉の行き詰まりを受け、北朝鮮は今年5月以降、新型短距離弾道ミサイルなどの兵器実験を繰り返し、金氏も多く立ち会った。

 軍関係以外では国内関係が34件、対外関係が32件、経済関係が13件だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス