政治

野党、カジノ問題追及本部設置 IR汚職事件を受け

 立憲民主、国民民主、共産など野党各党は27日の会合で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件を受け「カジノ問題追及本部」を発足させた。立民の安住淳国対委員長は記者団に「日本にカジノはいらないという運動を起こし、『桜を見る会』と2本柱で徹底追及していきたい」と強調した。

 追及本部では汚職事件の実態解明や、IR整備の必要性を主な論点に据える。メンバーは今後野党内で募る。本部長に就任した立民の大串博志幹事長代理は「年明けからの国会審議に向けて弾込めをしていきたい」と記者団に語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス