国際

北朝鮮、南北現状に「怒り失望」 対南宣伝サイト、米非難

 【北京共同】北朝鮮の対南宣伝サイト「わが民族同士」は27日、韓国との南北関係が停滞している現状について「全同胞は失望と怒りの中で今年を振り返っている」とし、この事態を招いたのは米国だと非難した。

 同サイトは、昨年3回の南北首脳会談を通じ、鉄道・道路連結をはじめ多様な協力事業推進で合意したのに、全く履行されていないと指摘。米国が韓国を対北朝鮮圧力政策に従わせようとし、韓国も米国の顔色をうかがってばかりいると不満を表明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス