政治

衆院解散「あり得ない」 自民下村氏、議席伸びず

 自民党の下村博文選対委員長は27日のBSフジ番組で、早期の衆院解散・総選挙について「解散は議席を伸ばすのが前提だ。今の状況では非常に厳しく、基本的にはあり得ない」との認識を示した。首相主催の「桜を見る会」やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)を巡る汚職事件の影響が念頭にあるとみられる。

 立憲民主、国民民主両党の合流については「選対委員長の立場からすれば脅威だ」と述べ、小選挙区での野党共闘の進展を警戒した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス