国際

北朝鮮が対米新方針示すか 正恩氏、党重要会議を主宰

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が党中央委員会総会を主宰したことを1面で報じる29日付の労働新聞(コリアメディア提供・共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、朝鮮労働党中央委員会総会が28日、平壌で始まったと報じた。金正恩党委員長が主宰し、国家事業全般について報告した。具体的内容は不明。非核化を巡る米朝交渉の行き詰まりを受け、新たな対米方針を示す可能性がある。「国防建設」も議題としており、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の凍結措置を維持するかどうかが焦点だ。

 金氏は年末を米朝交渉の期限と一方的に定め、譲歩を要求。しかし、制裁解除などを引き出せず、今月に入りICBM関連とみられる実験を実施するなど強硬路線に傾いている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス