スポーツ

予備検診、井岡や田中ら異常なし ボクシング世界戦

 予備検診を受けるWBOスーパーフライ級王者の井岡一翔=29日、東京都内

 ボクシングの世界戦(31日・東京・大田区総合体育館)の予備検診が29日、東京都内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(Reason大貴)と同フライ級王者の田中恒成(畑中)ら4選手はいずれも異常なしと診断された。

 初防衛が懸かる井岡は、挑戦者ジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)に身長で5・5センチ、リーチで12センチ下回ったが「準備してきているので、数字を見てどうということはない」と意に介さなかった。

 3度目の防衛を目指す田中は、「しっかり練習してきたので、状況に合わせて対応して、必ずKOで勝ちたい」と闘志を燃やした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス