国際

テキサスの教会で発砲、2人死亡 米南部フォートワース郊外

 発砲事件があったテキサス州フォートワース郊外の教会=29日、ホワイトセトルメント(ダラス・モーニングニューズ、AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米南部テキサス州フォートワース郊外の教会内で29日午前、発砲事件があり、当局によると、2人が死亡した。容疑者の男は教会関係者に撃たれ、死亡した。当時日曜礼拝が行われており、信者ら約100人がいたという。

 報道によると、男は散弾銃のようなものを発砲し、突然の銃声に教会内はパニック状態となった。米連邦捜査局(FBI)や地元警察などが当時の状況を詳しく調べている。

 同州サザーランドスプリングズでも2017年11月、日曜礼拝中の教会で白人の男が銃を乱射し、26人が死亡する事件が起きた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス