スポーツ

再十両・照富「幕内上がりたい」 初場所に向け元大関が思い語る

 稽古で胸を出す照ノ富士(右)=東京都江東区の伊勢ケ浜部屋

 大相撲初場所(来年1月12日初日・両国国技館)に再十両で臨む元大関の照ノ富士が30日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で「いい1年だった。来年は幕内に上がりたい。人の3、4倍努力すれば結果は出る。その姿を見せたい」と語った。

 両膝の負傷などによる5場所連続休場で序二段まで転落したが、3月の春場所で復帰した。大関経験者が幕下以下で出場したのは初めてで「もう一度入門した気持ちだった。やれることをやっていけば、できないこともできるようになってくる。腐りかけた時もあったが、乗り越えた」と、しみじみと話した。

 この日は平幕宝富士に8戦全勝した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス