国際

召喚状応じるとバイデン氏 上院弾劾裁判で方針転換

 30日、米ニューハンプシャー州の集会で話すバイデン前米副大統領(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】バイデン前米副大統領(民主党)は30日までに、トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡り上院が来年1月にも始める弾劾裁判で証言するよう求める召喚状を出した場合、応じる考えを初めて表明した。米メディアが伝えた。

 バイデン氏は28日、「弾劾訴追はトランプ氏に対するもので、自分にではない」と強調する一方で「送付されれば、いかなる召喚状にも従う」と明言した。これまでは「疑惑について何も知らず、証人として呼ぶ法的根拠がない」と応じない考えだったが、批判を受けて方針転換した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス