社会

北海道、2日にかけて荒天警戒を 猛吹雪の恐れと気象庁

 冬型の気圧配置となった影響で31日、北日本の日本海側を中心に風や雪が強まった。気象庁は、北海道では1月2日にかけ猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると31日、北海道えりも町のえりも岬で最大瞬間風速34・5m、山形県酒田市の飛島で30・9mを観測した。

 1日にかけて冬型の気圧配置が強まり、北日本の上空約1500mには氷点下15度以下の寒気が流れ込む見込み。北日本では2日にかけ、雪を伴って風が強く吹くとみられる。

 31日と1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道20m(35m)、東北20m(30m)。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス