社会

皇居で令和初の新年祝賀 陛下「国民の幸せ祈る」

 「新年祝賀の儀」であいさつされる天皇、皇后両陛下=1日午前、宮殿・松の間(代表撮影)

 令和初の新年を迎えた1日、天皇、皇后両陛下が皇族や三権の長らから新年のお祝いを受ける「新年祝賀の儀」が皇居・宮殿で開かれた。天皇陛下は「年頭に当たり、国民の幸せと国の発展を祈ります」と祝賀に応じられた。

 午前に宮殿「松の間」で秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまら皇族が両陛下にあいさつした。その後、両陛下は皇族と共に宮殿の各部屋を回り、安倍晋三首相や閣僚、衆参両院議長、最高裁長官らから祝賀を受けた。

 午後には120以上の国と機関の駐日大使らも宮殿を訪れ、両陛下にあいさつした。療養中の皇后さまがこの行事に出席したのは2003年以来となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス