社会

北アで山口の29歳男性が凍死 岐阜・西穂高岳

 1日午前8時50分ごろ、岐阜県高山市の北アルプス西穂高岳(2909メートル)の山頂付近で、山口県山陽小野田市セメント町、会社員堀西直人さん(29)が倒れているのを岐阜県警のヘリコプターが見つけた。堀西さんはその場で死亡が確認された。検視の結果、凍死だった。

 高山署によると、昨年12月30日午後4時35分ごろ、堀西さんから「道に迷った」と宿泊先の山荘を通じて連絡があった。同日は日没のため捜索できず、翌31日朝から県警山岳警備隊が救助に向かったが、天候が悪化したため中断。1日にヘリで捜索を再開していた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス