経済

上海とロンドンの株相互取引停止 香港問題巡り中国、ロイター報道

 【香港、北京共同】ロイター通信によると、中国当局は2日までに、上海証券取引所とロンドン証券取引所の株式相互取引を一時的に停止した。香港問題などを巡る英国との対立が原因という。複数の関係筋の話として伝えた。

 相互取引は昨年6月に始まり、中国の証券会社が第1号としてロンドンに上場した。第2号として12月にも予定されていた中国の電力会社の上場は、取引の一時停止が原因で延期されたという。

 中国外務省の耿爽副報道局長は2日、詳細を承知していないとした上で「英国に投資する中国企業に、公平、公正で開放的、非差別的なビジネス環境を英国が提供するよう望む」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス