国際

米、イランの52カ所攻撃と警告 イランも「軍事的報復」を明言

 米軍に殺害された「コッズ部隊」のソレイマニ司令官のひつぎを運ぶ人々=5日、イラン南西部アフワズ(ファルス通信/WANA提供、ロイター=共同)

 【ワシントン、テヘラン共同】トランプ米大統領は4日、イランが革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害を受け、米国に報復した場合、イランの重要施設など52カ所を標的として「大きな打撃を与える」と警告した。革命防衛隊のデフガン司令官は5日、報復について「軍事施設に対する軍事的な対応になる」と明言した。軍事行動を警告し合う展開となり、緊張がさらに高まった。

 イランは報復の具体案を詰めると同時に、イランの核開発を制限する「核合意」を巡っても強硬策を準備しているもようで、6日にも合意に関する立場を表明する方針。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス