国際

英、自国船舶の護衛を再開へ イラン近海、緊張高まり受け

 ホルムズ海峡

 【ロンドン共同】米軍によるイラン革命防衛隊精鋭部隊の司令官殺害で、中東での米イランの緊張が高まっていることを受け、英政府は4日、イラン近海のホルムズ海峡を通過する英船籍の船舶の護衛を再開すると発表した。英メディアが伝えた。

 英海軍は昨年、イランによる英タンカー拿捕などホルムズ海峡の緊迫化を受け、フリゲート艦による護衛を開始。英紙によると、英タンカーが解放されたことなどから海軍による護衛態勢は約2カ月前に解かれていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス