スポーツ

朝乃山、元稀勢の里に1勝16敗 異例の三番稽古に「出直しです」

 稽古で荒磯親方(右)に寄り切られる朝乃山=5日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋

 大相撲初場所(12日初日・両国国技館)で新関脇の朝乃山が5日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋へ出稽古し、1年前に現役引退した荒磯親方(元横綱稀勢の里)と異例の三番稽古(同じ相手と続けて取る)に挑んだ。結果は1勝16敗に終わり「相撲を取りながら『そんなに甘くないぞ』と伝えてもらった。まだまだ弱い部分がある。出直しです」と苦笑いした。

 25歳の大関候補は、元横綱とはいえ既にまげのない33歳の親方に圧倒され「左おっつけで上体が起きてしまった。15日間、全て右四つになるという強い気持ちで前に出る。白星を届けて恩返しをしたい」と意気込んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス