スポーツ

高安、朝乃山らに14勝4敗 大関返り咲きへ期待感

 出稽古で朝乃山(左)と向き合う高安=東京都墨田区の時津風部屋

 大相撲初場所(12日初日・両国国技館)で大関から関脇に転落した高安が7日、東京都墨田区の時津風部屋に出稽古し、同じく出稽古の新関脇朝乃山らを相手に14勝4敗だった。10勝で大関に復帰できる今場所へ期待感が漂い「めちゃくちゃ良かった」と自賛した。

 朝乃山や北勝富士らに低い体勢で当たり勝った。力強く足を運び、タイミングよくはたき込むなど相手がよく見えていた。「息が上がったときにちょっと(動作が)大きな相撲になったけれど、次から次へと手順通りに動けた」とうなずいた。

 昨年は、2桁勝利が3月の春場所の1度だけと苦しんだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス