政治

桜見る会名簿、廃棄を記録せず 5年分、菅官房長官「事実だ」

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、内閣府職員など(手前)に質問する野党議員ら=7日午後、国会

 菅義偉官房長官は7日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」を巡り2013~17年度の5年分の招待者名簿を廃棄した際、記録を残していなかったと明らかにした。「残すべきものが残されていなかったのは事実だ」と述べた。野党は新年初の追及本部会合を国会内で開いた。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件とともに、通常国会で徹底追及する方針だ。

 政府の公文書管理に関するガイドラインは、公文書を廃棄する際「廃棄簿」への記録を義務付けている。会見で菅氏は、記録しなかった理由について「当時の担当者の記憶が鮮明でないため分からない」と釈明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス