スポーツ

競泳の日本選手権、選手に賞金 日本水連が決定、主催大会で初

 日本水連は7日、東京都内で常務理事会を開き、競泳の東京五輪代表選考会となる日本選手権(4月1~8日・東京アクアティクスセンター)で、主催大会として初めて選手に賞金を出すことを決めた。金額などの詳細は未定だが、各種目の上位選手、世界記録や日本記録を樹立した選手に出す案が出ている。

 スポンサーからの打診があり、費用は複数の企業で負担する見通し。坂元要専務理事は「選手の励みになってくれれば。大会を盛り上げ、東京五輪につなげたい」と期待した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス