経済

ファミマでも本部社員が無断発注 複数確認、処分を検討

 ファミリーマートは8日、フランチャイズ加盟店への経営指導を担当する本部社員が、店舗オーナーに無断で商品を発注する事案が複数あったと発表した。同社は事実関係の確認を進め、社員の処分を検討する。

 本部社員による無断発注はセブン―イレブンの店舗で昨年に発覚。セブンは社員2人を懲戒処分にしたと明らかにした上で、通報窓口を設置し、過去にさかのぼって調査を進めている。一方、ファミマの沢田貴司社長は昨年11月、取材に対し「(無断発注は)ない」と否定していた。

 同社は「フランチャイズ契約の根幹に関わる不適切な行為で、早急に見直しを進める」としている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス