スポーツ

J1鹿島、わずか中6日で始動 月末にACLプレーオフ

 始動日の練習でランニングする鹿島・永戸(左)。右隣は和泉=茨城県鹿嶋市

 J1鹿島が8日、茨城県鹿嶋市で始動した。28日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフがあるため、準優勝だった1日の天皇杯全日本選手権からわずか中6日で再スタート。昨季出場時間の長かった選手は休養のため不参加で、新加入選手らが約1時間、体を動かした。

 ブラジル人のザーゴ新監督は不在。クラブによると、ビザの取得遅れのためという。昨季までJ2町田の監督を務めた相馬新コーチらが練習を指揮した。J1仙台から加入した永戸は「メンバーがそろっていないので難しいスタートだが、伝統あるチームに早くなじみたい」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス