社会

強風で転倒、70代男性が骨折 香川で十数人が負傷

 香川県では8日、急速に発達した低気圧による強風で、けが人が相次いだ。消防によると、同県坂出市で午前11時前に70代男性がミニバイクで転倒し左足を骨折したのをはじめ、県内で少なくとも30~90代の男女計十数人が負傷した。高松地方気象台によると、坂出市に近い多度津町で午前11時35分ごろ、瞬間風速23メートルを観測した。

 JR四国は岡山、香川両県を結ぶ瀬戸大橋線の運転を始発から見合わせた。天候の回復を待って、午後3時すぎに運行を始めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス