経済

韓国不買運動で「ユニクロ」苦戦 香港デモも影響、業績を下方修正

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは9日、2020年8月期の連結業績予想を下方修正すると発表した。日韓関係悪化による韓国での不買運動や、香港デモの影響が要因。暖冬で冬物衣料が苦戦していることも追い打ちを掛けた。

 売上高は従来見通しの2兆4千億円から2兆3400億円、純利益は1750億円から1650億円にそれぞれ引き下げた。どちらも前期比では増収増益となる。

 東京都内で記者会見した岡崎健グループCFOは、韓国では売り上げが大幅に減少しているとして「非常に厳しい」と指摘。不買運動が続いていることについて「現状は大きく変わっていない」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス