社会

長時間労働で自殺と静岡市提訴へ 部下からパワハラも、職員遺族

 2014年12月に静岡市の男性職員=当時(57)=が自殺したのは、長時間労働や部下によるパワハラを放置したのが原因として、遺族が市に計約6200万円の損害賠償を求めて10日に静岡地裁に提訴することが9日、分かった。

 訴状などによると、男性は14年4月、保健衛生総務課から医事課医事第1係に異動したが、慣れない職場で次第に帰宅時間が遅くなり、手帳に記載した時間外勤務は5~9月、100時間を超えた。

 さらに部下から繰り返し大きな声で罵倒されたり、叱責を受けたりし、男性は10月にはうつ病を発症。12月24日、職場の市立静岡病院地下で自殺したとしている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス