政治

内閣府、管理簿に5年分不記載 「桜を見る会」の招待者名簿

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿を巡り、内閣府が2013~17年度分について「行政文書ファイル管理簿」に記載していなかったと明らかにした。公文書管理法は、行政文書の管理を適切に行うため、管理簿への記載を義務付けている。改めて政府による行政文書管理のずさんさが浮き彫りになった形だ。

 菅氏は「管理簿に記載すべきものが記載されなかった。内閣府に文書管理の徹底を指示した」と説明した。法令違反ではないかとの質問については「文書管理規則に沿った対応がなされていなかった」と正面から答えなかった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス