スポーツ

バスケ、デンソーなどが4強進出 全日本女子準々決勝

 山梨―デンソー 第1クオーター、シュートを決めるデンソー・赤穂さ=さいたまスーパーアリーナ

 バスケットボールの第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本選手権(日本バスケットボール協会主催、共同通信社共催)ファイナルラウンド第2日は10日、さいたまスーパーアリーナでWリーグ勢による女子準々決勝が行われ、初優勝を狙うデンソーは山梨に74―49で快勝し、3大会連続で4強入りした。

 7連覇を狙うJX―ENEOSはアイシンAWに75―41と大勝。三菱電機は延長の末に日立ハイテクを52―50で振り切り、トヨタ自動車はトヨタ紡織を87―69で下した。

 11日は男女の準決勝が行われる。女子はデンソーが三菱電機と、トヨタ自動車がJX―ENEOSと対戦する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス