経済

米就業者数、14万5千人増 12月、失業率は3・5%

 【ワシントン共同】米労働省が10日発表した2019年12月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月から14万5千人増えた。市場予想の16万4千人程度を下回り、伸びが鈍化した。失業率は3・5%で、前月から横ばいだった。

 就業者数の増加幅は景気拡大の目安とされる20万人を下回ったが、米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)は昨年実施した利下げ効果を見極める様子見を続ける姿勢を示している。今月下旬の連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利を据え置く見込みだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス