くらし

痴漢抑止バッジのコンテスト開催 最優秀賞に宮崎の高校2年男子

 痴漢被害の抑止を狙う缶バッジ。3月に商品化される予定

 痴漢被害の抑止を狙う缶バッジのデザインコンテストが11日までに開かれ、宮崎県立佐土原高産業デザイン科2年の江口翔太さん(17)が最優秀賞を受賞した。全国から寄せられた581作品のうち、約3割が男性の応募だった。

 主催した一般社団法人痴漢抑止活動センター(大阪)の代表理事松永弥生さんは「男女を問わず、コンテストが痴漢被害の問題に関心を持つきっかけとなれば」と話している。最優秀賞などに選ばれた5作品は3月に商品化される予定。

 江口さんの作品は、スカートをめくろうとしているカワウソをモチーフに「カワいくても許されません」といった言葉を添えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス