くらし

自治体のテレビCM、過去最多に 農産物や観光地、PR競争激化

 TOKIOの城島茂さんが出演する福島県のCM(福島県提供)

 テレビCMで地元の農産物や観光地を発信する自治体が、年間で過去最多となったことがCM総合研究所への取材で分かった。ブランド米売り込みや観光客呼び込みの起爆剤としたい考えで、人口減少による自治体間の競争激化が背景にある。

 人気グループTOKIOの城島茂さんが「果肉がキュッ 福島の桃」とポーズを決め桃をほおばる。東京電力福島第1原発事故の風評被害払拭のために放映され、CM総研の好感度調査で最も高い評価を得た自治体のテレビCMだ。

 CM総研によると、2018年10月から1年間で15自治体が首都圏でCMを放映。7県が高価格帯のブランド米で有名タレントを起用した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス