国際

米大統領、金正恩氏に直接親書 北朝鮮、対話再開は応じず

 北朝鮮・平安南道の肥料工場の建設現場を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の金桂冠外務省顧問は11日、談話を発表し、トランプ米大統領が8日の金正恩朝鮮労働党委員長の誕生日を祝う親書を直接送ってきたと明らかにした。両首脳の関係は良好だとする一方、米側が北朝鮮の要求を全面的に受け入れない限り、対話再開に応じないと強調した。朝鮮中央通信が伝えた。

 金正恩氏は昨年末の党中央委員会総会で、米国が制裁などの敵視政策を続けていると非難し、核戦力増強を進める方針を表明した。トランプ氏との関係は維持しながら、譲歩を迫る構えだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス