スポーツ

バレー、東山と駿台学園が決勝へ 女子は東龍―古川学園

 松本国際にストレートで勝利し、喜ぶ東山の選手たち=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バレーボールの全日本高校選手権第4日は11日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで準決勝が行われ、12日の決勝は男子が東山(京都)―駿台学園(東京)、女子は東九州龍谷(大分)―古川学園(宮城)の対戦となった。

 東山は全国高校総体覇者の松本国際(長野)を3―0で破り、初の決勝進出。駿台学園は清風(大阪)を3―1で下し、3大会ぶりの決勝に進んだ。

 2大会連続準優勝の東九州龍谷は3連覇を狙った金蘭会(大阪)に3―2で競り勝った。古川学園も共栄学園(東京)をフルセットで破り、9大会ぶりに決勝に進んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス