スポーツ

バスケ男子決勝はSR渋谷―川崎 女子JX―ENEOSとデンソー

 SR渋谷―滋賀 第1クオーター、シュートを決めるSR渋谷・野口(左)=さいたまスーパーアリーナ

 バスケットボールの第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド第3日は11日、さいたまスーパーアリーナで男女の準決勝が行われ、12日の決勝は男子がSR渋谷と川崎、女子はJX―ENEOSとデンソーの顔合わせに決まった。

 男子で前身の日立東京が2015年に優勝して以来の制覇を目指すSR渋谷は96―69で滋賀に快勝。前身の東芝神奈川が14年に頂点に立って以来の優勝を狙う川崎は宇都宮を82―61で下した。

 女子は7連覇が懸かるJX―ENEOSがトヨタ自動車を82―48で退け、初優勝を目指すデンソーは三菱電機を75―61で振り切った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス