国際

イラン、撃墜「人的ミス」と謝罪 主張一転、米非難し末端に責任

 イラン・テヘランの空港離陸後に墜落したウクライナの旅客機の残骸と付近で活動する当局者ら=8日(AP=共同)

 【テヘラン共同】イラン軍統合参謀本部は11日、首都テヘランで墜落したウクライナ旅客機を誤って撃墜したと発表し、謝罪した。技術的トラブルによる事故との主張を一転させた。ロウハニ大統領は「許されない過失」と表明。米軍の軍事圧力に直面し厳戒態勢下で起きた「人的ミス」だったと釈明、有力司令官を殺害し緊張を高めた米国を非難した。撃墜を認め異例の謝罪に踏み切りつつ、米国の責任を印象づける狙いだ。

 革命防衛隊は責任を認めた上で、防空システムの操作者が旅客機を巡航ミサイルと誤認し、上官の許可を得ずミサイルを発射したと説明。末端の実務者に責任があるとの認識を示唆した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス