社会

拉致被害者の有本さん、60歳に 91歳の父「助けられると確信」

 有本恵子さんの60回目の誕生日を祝う父明弘さん=12日、神戸市

 北朝鮮による拉致被害者の有本恵子さんが12日、60回目の誕生日を迎えた。神戸市長田区の自宅では、父明弘さん(91)と姉尚子さん(61)がバースデーケーキや手料理を準備してお祝いした。尚子さんは明弘さんと母嘉代子さん(94)の活動を振り返り「今日までよく頑張ってきた。誰かが引き継がないといけない」と話した。

 毎年一緒にお祝いしている嘉代子さんは体調不良で入院している。明弘さんは「助けられると確信している。夫婦で同じ気持ちだ」と述べた。

 恵子さんは23歳だった1983年、ロンドン留学中に欧州から北朝鮮に拉致された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス