くらし

新宿区、民族衣装で成人式 半数近く外国人

 華やかな民族衣装や振り袖姿で成人式に出席した外国籍の新成人ら=13日午後、東京都新宿区

 外国人が新成人の半数近くを占める東京都新宿区で13日、成人式が行われ、約1200人が出席した。華やかな民族衣装や振り袖を着た若者が多く見られた。

 アイルランド人の父を持つ金森多思菜さん(19)は振り袖姿で式の司会を務めた。取材に「日本はまだ外国人への偏見が多いと感じる。国籍に関係なく、全ての人を尊重できる国であってほしい」と話した。

 区によると、新成人は4266人で外国人は1932人。区全体の外国人比率は12・2%だが、大学や日本語学校が多いため若い留学生が集まり、今後も増える見通しという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス