タイでも原因不明肺炎 中国以外で初確認

 【バンコク共同】タイ保健省は13日、タイを観光で訪れた中国湖北省武漢市の女性(61)が、同市で発生している原因不明のウイルス性肺炎に罹患していると発表した。中国以外で発症者が確認されたのは初めて。快方に向かっており、近く帰国するという。

 保健省によると、女性は今月8日、団体旅行でタイを訪れた。首都バンコク近郊のスワンナプーム国際空港に到着した際、高熱やせきなどの症状がみられたため医療機関に搬送された。コロナウイルスの検査をしたところ、12日に陽性との結果が出た。武漢市の発症者の型と一致したという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス