社会

台風と震災復興願う日本酒発売 宮城・丸森の米、閖上で醸造

 佐々木酒造店とGM7が共同開発した日本酒「LUCE(ルーチェ)」

 東日本大震災で被災した宮城県名取市閖上地区の佐々木酒造店と、台風19号で大きな被害を受けた同県丸森町の地域商社「GM7」が共同で、同町のブランド米を使った日本酒「LUCE(ルーチェ)」を発売した。酒造店の佐々木洋専務(43)は「地域同士の連携で復興を引っ張りたい」と意気込む。

 ルーチェはイタリア語で「光」を意味する言葉で「丸森と閖上の魅力を照らし、災害から再起する光になるように」という願いを込めた。丸森町産のブランド米「いざ初陣」を使った純米大吟醸酒で、フルーティーで酸味のある飲み口が特徴だ。「日本酒が苦手な人にも味わってもらいたい」PRしている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス